日本社会文学会

Association for Japanese Social Literature

*次回の例会・大会
 
日時:2018年12月15日(土) 14時~17時半
会場:明治大学駿河台キャンパス研究棟3F第10研究室(アクセスマップ    キャンパスマップ
   (東京都千代田区神田駿河台1-1)
   *リバティタワーの正面玄関を入り、エスカレーターで3Fまで行き、前方右手の連絡通路から研究棟にお入りください。
交通案内:JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
     東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
     都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分


発表者1:柳井宏夫氏
発表テーマ
広津和郎の中期作品における「虚無」について――『風雨強かるべし』『狂った季節』を中心に――

発表者2:竹内栄美子氏
発表テーマ
『中野重治・堀田善衞往復書簡1953-1979』を編集して(同書は影書房より近刊)


※閉会後に近隣で忘年会を開催する予定です。


なお、春の文学散歩は2019年3月30日(土)13:00から、
「坂と文学――文京区春日・小石川界隈を歩く」のテーマで行う予定です。
露伴、一葉、漱石、荷風、啄木、徳永直などの作品の舞台など、ゆかりの地を巡ります。
詳細は後日お知らせします。


inserted by FC2 system