日本社会文学会

Association for Japanese Social Literature

*次回の例会・大会
 
大会テーマ「文学から読み解く感染症――身体・分断・統治」
日程 2021年6月27日(日) オンラインによる実施

開会10:00より
開会挨拶 篠崎美生子(日本社会文学会運営委員長)

[研究発表]
楊佳嘉(名古屋大学大学院)/司会 松田潤
剥き出しの生から主体性の回復へ ―― 平林たい子の「敷設列車」を読み直す
乗木大朗(明治大学大学院)/司会 木村政樹
堀辰雄と戦中軽井沢――「木の十字架」の周辺をめぐって

[シンポジウム]13:00より
 司会 神村和美・金ヨンロン
【基調講演】
鵜飼哲
ウイルスは<書く>――さまよえる星の比較文学
【シンポジスト】
荒井裕樹(二松学舎大学)
『谷間』を襲う感染症
辻吉祥(青山学院大学)
滅殺の時――疫病の記録と未来
【コメンテータ―】
堀井一摩(津田塾大学、早稲田大学非常勤)

閉会挨拶 小森陽一(日本社会文学会代表理事)

総会 17:00より

※参加希望の方は、6月1日(火)から6月20日(日)までに、ご氏名・ご所属・オンラインに使用するアドレスを
お書き添えの上、shabuntaikai☆yahoo.co.jpまでお申し込みください。
招待メールを6月25日(金)までにお送りします。万一届かなかった場合は、shakaibungaku☆gmail.com(学会アドレス)まで
お問い合わせください(上記メールアドレスは、いずれも送信の際に「☆」を半角「@」に変えてください)。
※参加申し込みアドレスと学会アドレスは異なります。ご注意ください。



2021春季大会(画像クリックで拡大)




 
大会テーマ「東北・民主主義(デモクラシー)の源流―石川啄木・吉野作造・徳永直をめぐって(仮題)」
11月6日(土) 午前10時より研究発表・講演・シンポジウム(敬称略)
   講演 森まゆみ(作家)
         パネリスト 山田秋武 平野敬和 和田崇
   コメンテーター 小島翔
11月7日(日) バスにて関係の文学散歩(宮城県北フィールドワーク)
会場 吉野作造記念館(宮城県大崎市 東北新幹線古川駅下車)





inserted by FC2 system