日本社会文学会

Association for Japanese Social Literature

*日本社会文学会会則
*  第1章・総則
 
第1条 本会は日本社会文学会と称する。

第2条 本会は日本における社会と文学の関係、社会文学の調査と研究を推進するとともに、会員相互の交流と親睦をはかることを目的とする。

第3条 本会は次の事業を行う。
(1)研究会、講演会等の開催。
(2)調査、資料の収集。
(3)機関誌、会報等の刊行。
(4)その他必要な事業。
*  第2章・会員
 
第4条 本会は第2条、第3条の趣旨に賛同する研究者によって組織され、会員は所定の会費を払うものとする。

第5条
(1)本会の目的に賛同し、入会を希望する者は、本会に申込み、理事会の承認を得なければならない。
(2)本会に賛助会員を置くことができる。

第6条 会員が本会の目的にふさわしくない行為をしたときは、評議員会の議決によって会員資格を失うことがある。

*  第3章・組織
 
第7条 本会には次の役員をおく。
(1)代表理事  1名
(2)理事   若干名
(3)評議員  若干名
(4)監事    2名

第8条 代表理事は本会を代表し、理事は会務を執行し、評議員は会務の審議にあたり、監事は本会の会計を監査する。

第9条 評議員及び監事は、総会で選出する。理事は評議員の互選により、そのうち1名を代表理事とする。

第10条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第11条 総会は毎年1回以上開き、評議員及び理事会は適宜開くものとする。

第12条 本会に顧問若干名をおくことができる。

*  第4章・会計
 
第13条 本会の経費は、会費その他の収入をもってあてる。

第14条 会員は会費として、年6,000円を納める。

第15条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第16条 会計報告は総会にて行う。
*  付則
 
(1)本会則の変更は総会の議決による。

(2)本会の事務局を東京都千代田区神田神保町3-25-11九段中央ビル601菁柿堂におく。

(3)本会則は1985年5月25日より発効する。

inserted by FC2 system